スポンサードリンク
HOME > C言語 > 標準ライブラリ 現在時間を得る

C言語 - 標準ライブラリ 現在時間を得る

標準ライブラリ関数では、

現在時間やコンピュータ起動からの経過時間を知る事ができます。

#include <stdio.h>
#include <time.h>

void main(void) {
   time_t tmGenzai;
   struct tm* pGenzai;

   time(&tmGenzai);

   pGenzai = localtime(&tmGenzai);

   printf("%d年%d月%d日 %d時%d分%d秒\n",
      pGenzai->tm_year+1900,
      pGenzai->tm_mon+1,
      pGenzai->tm_mday,
      pGenzai->tm_hour,
      pGenzai->tm_min,
      pGenzai->tm_sec);
}


まず初めに、時間処理関数を使うために、time.h をインクルードします。

で、現在時間を取得しています。

time 関数で取得した段階では、データが年月日、時分秒などに分かれていないので、

localtime 関数で分けてあげます。

すると、struct tm 構造体にそれぞれのデータが格納されます。

で表示しています。

"年"は、現在年数より-1900引かれた数が格納されているので、

1900を足して表示しています。

"月"は、0 = 1月になっているので、+1 してから表示しています。

その他、曜日は表示していませんが、

"0 = 日曜日" のような情報でしっかりと格納されています。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved