スポンサードリンク
HOME > C言語 > 列挙型について

C言語 - 列挙型について

今回は、列挙型について説明していきます。

#include <stdio.h>

/* 列挙型のtvを宣言 */
enum tvCH{

   TV_NHK,
   TV_KYOIKU,
   TV_FUJI
};

void show(enum tvCH ch);

void main(void) {
   show(TV_NHK);
   show(TV_KYOIKU);
   show(TV_FUJI);
}


void show(enum tvCH ch) {
   switch (ch) {
      case TV_NHK:
         printf("ch=NHK\n");
         break;
      case TV_KYOIKU:
         printf("ch=KYOIKU\n");
         break;
      case TV_FUJI:
         printf("ch=FUJI\n");
         break;
      default:
         break;
   }
}



で、列挙型と言う新しい型を宣言して作っています。

列挙型は、ある項目に関連するデータの集まりを表す型です。

また、列挙型の項目は、内部的に整数が割り当てられています。

列挙型の先頭項目から定義順に、0 から値が割り当てられます。

この場合は、TV_NHK が0 TV_KYOIKU が1 TV_FUJI が 2となります。

列挙型による表現は、#define による記号定数でも表すことができますが、

記号定数は、プログラムのあらゆる箇所に影響してきて、管理しづらいものですが、

列挙型は、static をつける事によって、影響を与える箇所を限定でき、

管理しやすいので、できるだけ列挙型を使うようにしましょう。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved