スポンサードリンク
HOME > C言語 > VisualC++2008 Express Edition

C言語 - VisualC++2008 Express Edition
(2008年1月29日更新)

C言語でプログラミングをするには、環境を整えなくてはなりません。

多少の難しさはあるので、Windowsの操作を覚えたばかりの方、
知識があまりない方は、挫折するかも知れません。

以下WindowsXPでの説明です。
(WindowsXP以外の環境は説明しません。)

環境がすでに整備されている方は、以下の説明を飛ばしてください。

ここでは、無料で手に入るVisualC++2008 Express Edition
という環境を用意する事にします。
この環境で、C言語が使えるようになります。

VisualC++ 2008 Express Editionのダウンロード

まず、ココからVisualC++2008 Express Editionのセットアッププログラムを
ダウンロードします。

VisualC++ 2008 Express Editionのインストール

ダウンロードした"vcsetup.exe"をダブルクリックします。

途中で
インストールするソフトウェアの選択がありますが、
任意で決めて下さい。

インストールには、しばらく時間がかかります。

インストール後は、再起動が必要な場合があります。

その後は、ライセンスキーの登録が必要となります。
登録しないと30日しか使用できなくなりますので、
必ず登録するようにしましょう。

ちなみに、別のパソコン上でも同一の登録情報で複数のライセンスキーを持てます。

インストール後、セットアップファイルは必要ないので、
"vcsetup.exe"は、削除しておきましょう。

ここまでの設定が完了すれば
C言語によるプログラミングがスタートできる事になります。
お疲れ様でした。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved