スポンサードリンク
HOME > C言語 > 制御文 - goto文

C言語 - 制御文 - goto文

goto文は、特定のラベルへ処理を飛ばす制御文です。

ラベルは、任意の文字列に:(コロン)を付けて表します。

例) shori1:   shori2:

例1

void test(〜〜〜) {

   while (〜〜〜) {
      if (〜〜〜) goto
label;
   }

label:

適当な処理

}

のgoto文でラベルlabelへ飛びます。

例2

void test(〜〜〜) {

   while (〜〜〜) {
      while (〜〜〜) {
         if (〜〜〜) goto
label;
      }
   }

label:

適当な処理

}

break文では、1度に1つのループしか抜けられませんが、
この例だと
のgoto文で多重ループを一気に抜ける事ができます。



注意する事としては、ラベルは、文の前に記述するものなので、
ラベルの後に何も処理を書かないと、コンパイルエラーになります。

そういった場合は、ラベルの後に、空文(;セミコロンのみ)を書いておくといいでしょう。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved