スポンサードリンク
HOME > C言語 > インクリメント・デクリメント

C言語 - インクリメント・デクリメント

インクリメントとデクリメントは、単純に言うと足し算と引き算です。

例えば、変数iの値を1だけ増やしたい時には、i = i + 1と書きますが、
i++と書く事で、i = i + 1と同じ意味となります。
これをインクリメントと言います。

同じように、変数iの値を1だけ減らしたい時には、i = i - 1と書きますが、
i--と書く事で、i = i - 1と同じ意味となります。
これをデクリメントと言います。

主にループ制御用の変数に使用する事が多いです。

ちなみに、値を1加算、減算する事はできますが、2加算、減算する事はできません。

高度な使い方

例)
   int i = 1;
   
   while (i <= 5) {
      printf("変数i = %d\n",
i++);
   }


   i = 0;

   while (i <= 4) {
      printf("変数i = %d\n",
++i);
   }


の場合は、iを出力してから、i++が実行されます。
の場合は、i++を実行してから、iが出力されます。

i----iだった場合も意味は同じです。

どちらのループも出力は同じとなります。

ただ、多少分かりずらくなるので、インクリメント・デクリメント処理は、
単独の文で書いた方が良いと思います。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved