スポンサードリンク
HOME > C言語 > main関数の引数について

C言語 - main関数の引数について

main 関数はコマンドラインから呼ぶことができますが、

この時に、文字列による引数を渡す事ができます

main関数の引数は、第1引数には渡された引数の数、

第2引数には渡された引数(文字列)が配列として格納されます。

コマンドライン
>show.exe 50 aaa 999

プログラム名:show.exe
#include <stdio.h>

int main(int argc, char* argv[]) {
   printf("引数の数:%d\n", argc);
   printf("第1引数:%s\n", argv[0]);
   printf("第2引数:%s\n", argv[1]);
   printf("第3引数:%s\n", argv[2]);
   printf("第4引数:%s\n", argv[3]);
}



出力
引数の数:4
第1引数:show.exe
第2引数:50
第3引数:aaa
第4引数:999


この場合、引数の数は4つです。(プログラム名も引数として渡される。)



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved