スポンサードリンク
HOME > C言語 > プリプロセッサ #if - 条件付きコンパイル

C言語 - プリプロセッサ #if - 条件付きコンパイル

通常のプログラムで使うif文のような構文が、プリプロセッサにもあります。

構文

#if 条件
   何らかの処理
#elif 条件
   何らかの処理
#else
   何らかの処理
#endif


条件に合った部分の処理だけをコンパイル対象とします。



サンプルプログラム

#include <stdio.h>

#define NUM 1

void main(void) {
#if NUM == 0
   printf("NUM定義が0\n");
#elif NUM == 1
   printf("NUM定義が1\n");
#else
   printf("その他");
#endif
}



コメントアウト機能として使う

#include <stdio.h>

void main(void) {
   int i;
/*
   
printf("i = %d\n", i); /* デバッグ用 */
*/
   〜いろんな処理〜
}

こんなコードがあったとすると、緑色の部分のコードがコメントアウトできません。
しかし、次のようにすると、可能となります。

#include <stdio.h>

void main(void) {
   int i;
#if 0
   
printf("i = %d\n", i); /* デバッグ用 */
#endif
   〜いろんな処理〜
}



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved