スポンサードリンク
HOME > C言語 > プリプロセッサ #include - ファイル挿入

C言語 - プリプロセッサ #include - ファイル挿入

最初のC言語のプログラムを書く時からずっと書き続けている構文

#includeの意味を説明します。

#include <stdio.h>

void main() {
   int i = 10;
   printf("i = %d\n", i);
}

これは、変数iの値を表示するプログラムですが、
printfと言う関数が使われています。

関数は、事前にプロトタイプ宣言をしなくてはならない。と言う決まりがあります。

ですが、どこにもprintf関数のプロトタイプ宣言は、見当たりません。

そこで#include(インクルード)構文の登場です。

#include命令は、ファイルを挿入するという処理を行います。

ここでは、stdio.hと言うファイルを挿入すると言う意味になります。

stdio.hと言うファイルがどこにあるかは、コンパイラが探してくれます。

この場合は、<>で括られているので、標準ディレクトリから探します。

もし、"stdio.h"となっていたら、まず、カレントディレクトリから探し、

なければ、標準ディレクトリを探します。

どちらにもなければ、コンパイルエラーが出ます。

長くなりましたが、上記プログラムの#include <stdio.h>のところに、

stdio.hファイルの中身がそっくりそのまま置換されます

そして、そのstdio.hファイルには、printf関数のプロトタイプ宣言が含まれているので、

正常に動作する。と言うワケです。

ちなみにstdio.hファイルは、基本的な入出力関係の関数のプロトタイプ宣言が

含まれているファイルなので、自然と使う機会が多くなります。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved