スポンサードリンク
HOME > C言語 > sizeof演算子

C言語 - sizeof演算子

sizeof演算子は、指定したオブジェクトの大きさをバイト単位で返す演算子です。

主に配列や構造体の大きさを知りたい時に使います。


struct hito {
   char name[10];
   int age;
};

   int i;
   char cDATA;
   short sDATA;
   int iDATA;
   int array[5];
   float fDATA;
   double dDATA;
   struct hito suzuki;

   i = sizeof(cDATA);   // i = 1
   i = sizeof(sDATA);   // i = 2
   i = sizeof(iDATA);   // i = 4
   i = sizeof(array);   // i = 20(4バイトx5)
   i = sizeof(fDATA);   // i = 8
   i = sizeof(dDATA);   // i = 16
   i = sizeof(suzuki);   // i = 14


ちなみにsizeof演算子が返すデータ型は、size_t型(unsigned int)となっていますが、
よほどの事がない限り、int型の変数で受け取っておけば問題はないと思います。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved