スポンサードリンク
HOME > C言語 > 共用体について

C言語 - 共用体について

今回は、共用体について説明していきます。

#include <stdio.h>

/* 共用体のdataを宣言 */
union data{

   unsigned int ui;
   unsigned short us;
   unsigned char uc;
};

void main(void) {
   union data d;

   d.ui = 0x12345678;

   printf("0x%x\n", d.ui); // 出力=0x12345678
   printf("0x%x\n", d.us); // 出力=0x5678
   printf("0x%x\n", d.uc); // 出力=0x78

}



で、共用体を宣言しています。

共用体は、共用体内で宣言されたデータ領域を共有します。

この場合は、unsigned int で4バイト確保し、unsigned short は、

unsigned int の下位2バイトに割り当てられ、unsigned charは、

unsigned int の下位1バイトに割り当てられる事になります。


共用体は、普通のプログラミングに使う機会は少なく、

特殊な用途として用いられます。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved