スポンサードリンク
HOME > C言語 > voidの扱い方

C言語 - voidの扱い方

関数の戻り値や仮引数にvoidと書いてある時があります。
それぞれの場合について説明します。



戻り値にvoidと書いてある場合

// 三角形の面積を出力する関数
void menseki(int teihen, int takasa)
{
   printf("面積=%d\n", teihen * takasa / 2);
}

この場合は、戻り値はありません。と言う意味です。



仮引数のところにvoidと書いてある場合

// 整数の入力を受け付ける関数
int inputseisu(void)
{
  int i=0;
  scanf("%d", &i);
  return i;

}

この場合は引数はありません。と言う意味です。



戻り値ありの関数を呼ぶ際に(void)と書いてある場合

// 整数の入力を受け付ける関数
int inputseisu(void)
{
  int i=0;
  scanf("%d", &i);
  return i;

}

void main(void) {
  (void)inputseisu();
}



この場合は戻り値は無視します。と言う意味になります。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved