スポンサードリンク
HOME > C言語 > void型ポインタ

C言語 - void型ポインタ

通常、ポインタ型の変数は、データ型を指定しますが、

データ型を指定せずにポインタ型の変数を宣言する事ができます。
これをvoid型ポインタと呼びます。


void* vp;   // void型ポインタの宣言

char c[4] = "123";
int i = 500;

vp = &c;      // void型ポインタにchar型ポインタ値を代入

// void型ポインタを使ってchar型変数cの中身を表示
printf("c = %s\n", (char*)vp);


vp = &i;      // void型ポインタにint型ポインタ値を代入

// void型ポインタを使ってint型変数iの中身を表示
printf("i = %d\n", *(int*)vp);



このようにvoid型ポインタ変数には、どんなポインタ型の値でも入れられます。

void型ポインタ変数を使う時は、どのデータ型で使うかをキャストで示してから使用します。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved