スポンサードリンク
HOME > C言語コンソール > getchar関数

C言語 コンソール getchar関数

キーボードから入力を受け付けるために使う代表的な関数が

scanf関数ですが、他にも入力関数はあります。

ここでは、1文字の入力を行うgetchar(ゲットキャラ)関数を紹介します。

この関数を使うとキーボードから1文字を受け取る事ができます。

早速、使い方を見ていきましょう。



例1 キーボードから1文字を受け取る

ファイル名:main.c
#include <stdio.h>

void main(void) {
   int cc;

   printf("1文字を入力して下さい\n");
   
cc = getchar();
   printf("あなたが入力した文字は%cです\n", cc);

}


実行結果


 ※ "1文字を入力して下さい。" の後、キーボードから入力を受け付けるまで
    アプリケーションが停止しますので、好きな文字を入力して
    Enterキーを押して下さい。
    ここでは C と入力しています。(日本語には対応してません。)

 ※ 続行するには何かキーを押してください... と言う記述は
    Visual C++2008特有のモノで、アプリケーションが終了した事を表しています。

解説

1文字をキーボードから入力し、それを表示する簡単なプログラムです。

cc = getchar();

引数はなく、戻り値にはキーボードから入力された値が返ります。
この例の場合は、Cと言う文字がccに代入されます。

なお、getchar関数の戻り値はchar型ではなく、
int型となってますので注意して下さい。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved