スポンサードリンク
HOME > C言語コンソール > C言語 コンソールプログラミングとは?

C言語 コンソールプログラミングとは?

コンソールプログラミングは、コンソールアプリケーションを作るために

プログラムを組む事を言います。

コンソールアプリケーションは基本的に文字の表示を行うアプリケーションです。

コンソールアプリケーションを起動すると黒い画面が出てきます。

以下のような画面をどこかで1回くらい見た事があると思いますがどうでしょうか?



このような黒い画面に文字をどんどん表示していくのがコンソールアプリケーションです。

もちろん、文字の表示以外にもキーボードからの入力、ファイル操作などにも対応します。

しかし、Windowsアプリケーションのように

好きな色を使って図形を描いたり、マウスを使ったりはできず、

グラフィカルなアプリケーションは作れません。

それと、下記のようなウィンドウ扱えないのが大きな特徴です。



このため、コンソールアプリケーションは、

CUI(シーユーアイ)アプリケーションとも呼ばれます。
Character User Interface : キャラクター ユーザー インターフェース)

キャラクターは文字の事で、

ユーザーインターフェースは、人とコンピューターのやりとりを示します。

以上の事からCUIアプリケーションは

「文字情報を主体としてコンピューターとやりとりをするアプリケーション」

と言う感じの意味になります。

 Windowsアプリケーションと比べてコンソールアプリケーションは、

現在ではあまり活躍の機会が少ないですが、

C言語の学習用としては優秀です。

 また、Windowsアプリケーションはコンソールアプリケーションを兼ねる事も

できるので、デバッグ用としてもかなり使えます。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved