スポンサードリンク
HOME > C++言語 > bool(ブール)型について

C++言語 - bool(ブール)型について

C言語にはなかったデータ型であるbool(ブール)型を紹介しましょう。

bool型は2つの論理値、truefalse のみを扱う事ができる型です。

真か偽かを扱う型。とも言います。

true値は内部で整数の1と表現され、false値は内部で整数の0と表現されています。

そのため、bool型の変数に整数値を代入する事もできます。

0を代入した場合は、そのままfalse値(内部では整数の0)になります。

0以外の数値を代入した場合は、true値(内部では整数の1)に変換されます。

また、truefalseと言う論理値を、bool型以外の変数に代入しようとすると、

コンパイルエラーや警告が出る事が多く、バグの原因になるのでやめましょう。

なお、 truefalse は、bool型専用の値として使ってください。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved