スポンサードリンク
HOME > C++言語 > クラス機能 省略可能引数を使ったコンストラクタ

C++言語 - クラス機能 省略可能引数を使ったコンストラクタ

コンストラクタは、メンバ関数のように省略可能引数を使った記述が可能です。

省略可能引数を使ったメンバ関数についてはコチラ


class Cdata {
public:
   int a;
   int b;
   int c;

   Cdata(int data1
= 0, int data2 = 0, int data3 = 0) {
      a = data1;
      b = data2;
      c = data3;
   }
};

void main() {
   // 引数なし形式でコンストラクタ呼び出し
   Cdata obj1;

   // 引数が1つの形式でコンストラクタ呼び出し
   Cdata obj2(5);

   // 引数が2つの形式でコンストラクタ呼び出し
   Cdata obj3(5, 10);

   // 引数が3つの形式でコンストラクタ呼び出し
   Cdata obj4(5, 10, 50);
}


この例では、クラスCdataに1つのコンストラクタがあります。

引数は、3つとも省略可能引数が設定されているため、

引数なし、引数1個、引数2個、引数3個の形式での

コンストラクタ呼び出しにたった1つのコンストラクタで全てに対応できます

このように、大変効率が良い記述方法なので、ぜひ、活用して下さい。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved