スポンサードリンク
HOME > C++言語 > 基本・派生クラス間の関数オーバーロード

C++言語 - 基本・派生クラス間の関数オーバーロード

基本クラスとその派生クラスに同じ名前の関数がある場合は、

通常の関数やメンバ関数のように多重定義(オーバーロード)が可能です。

通常の関数の多重定義(オーバーロード)についてはコチラ

メンバ関数の多重定義(オーバーロード)についてはコチラ

#include <iostream>

using namespace std;

/********** 基本クラス **********/
class kihon {
public:
   void
show(int data1) {
      cout << "data1 = " << data1 << '\n';
   }

};

/********** 派生クラス **********/
class hasei : public kihon {
public:
   void
show(int data1, int data2) {
      cout << "data1 = " << data1 << '\n';
      cout << "data2 = " << data2 << '\n';
   }

};

void main() {

   hasei b;
   b.show(
10);     // 基本クラスのshow関数が呼ばれる
   b.show(
10, 20);   // 派生クラスのshow関数が呼ばれる
}


このプログラムには、基本クラスと派生クラスにshow関数があります。

しかし、引数の個数が異なるので、適切に呼び分ける事ができています。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved