スポンサードリンク
HOME > C++言語 > クラス継承時のアクセス指定子

C++言語 - クラス継承時のアクセス指定子

派生クラスを定義する際には、基本クラス名を書く必要がありますが、

それと同時にアクセス指定子も必要です。

このアクセス指定子は、派生時に基本クラスのクラスメンバの

アクセス指定子をどのように継承するか決めるモノです。

基本クラスに元々定義してあるクラスメンバのアクセス指定子を、

派生時に変更する必要がある場合に有効な機能です。

 public指定の場合、基本クラスのクラスメンバのアクセス指定子を

そのまま継承します。(もっとも一般的な継承。)

privateメンバは、派生クラスからはアクセスできません。

 protected指定の場合、基本クラスのpublicメンバは、派生時に、

全てprotectedメンバとして引き継がれます。

protectedメンバのアクセス指定子はそのまま継承します。

privateメンバは、派生クラスからはアクセスできません。

 private指定の場合、基本クラスのpublicメンバと

protectedメンバは、派生時に全てprivateメンバとして引き継がれます。

privateメンバは、派生クラスからはアクセスできません。

 なお、この継承時のアクセス指定子を省略すると、

private指定として処理されます。

ただし、派生クラスのクラスキーワードがstructで定義してある場合は、

public指定として処理されます。

省略しない方が一般的な書き方だと思います。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved