スポンサードリンク
HOME > C++言語 > クラス機能 メンバ関数 thisポインタ

C++言語 - クラス機能 メンバ関数 thisポインタ

クラスのメンバ関数呼び出しの際には、

内部でそのクラスオブジェクトのポインタが渡されています。

このおかげで、メンバ関数内からクラスのメンバ変数に

アクセスできる仕掛けになっています。

記述例

ファイル名:hito.h
class hito {
public:
int age;
int sinchou;
int taiju;

void show_age();
void show_sinchou();
void show_taiju();

};


ファイル名:hito.cpp
#include <iostream>
#include "hito.h"

using namespace std;

void hito::show_age() {
   cout << "年齢は" << age << "です。" << '\n';
}

void hito::show_sinchou() {
   cout << "身長は" << sinchou << "です。" << '\n';
}

void hito::show_taiju() {
   cout << "体重は" << taiju << "です。" << '\n';
}


この例では、

メンバ関数show_ageの中でメンバ変数ageが、

メンバ関数show_sinchouの中でメンバ変数sinchouが、

メンバ関数show_taijuの中でメンバ変数taijuがそれぞれ使われています。

これもthisポインタのおかげ、と言うワケです。

thisを付けると、そのクラスのメンバである事がハッキリと分かるのが利点です。

thisポインタ付きでの記述例

ファイル名:hito.cpp
#include <iostream>
#include "hito.h"

using namespace std;

void hito::show_age() {
   cout << "年齢は" << this->age << "です。" << '\n';
}

void hito::show_sinchou() {
   cout << "身長は" << this->sinchou << "です。" << '\n';
}

void hito::show_taiju() {
   cout << "体重は" << this->taiju << "です。" << '\n';
}




スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved