スポンサードリンク
HOME > C++言語 > 参照による引数渡し

C++言語 - 参照による引数渡し

C言語では、関数への引数渡しとしては、値渡しとアドレス渡しがありましたが、

C++言語では、新たに参照渡しが加わりました。

#include <iostream>

using namespace std;

void show(int &a);

void main(void) {
   int data=50;

   show(50);   // コンパイルエラー
   show(data);  // 変数名での呼び出し
}

void show(int &a) {
   cout << a << '\n';
   a = 5;        // 変数dataの値が変更される
}


この例は、関数の仮引数に参照引数を使ったモノです。

変数のみ渡す事ができます。

定数を渡す場合は、関数の仮引数にconstを付けなければなりません。



また、変数を渡す場合、渡す変数の参照が渡されるので、

呼び出された関数側で、参照機能により、渡された変数にアクセスできます。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved