スポンサードリンク
HOME > C++言語 > 参照による複数の戻り値

C++言語 - 参照による複数の戻り値

C言語機能のポインタでも複数の戻り値を返せたように、

参照を使っても同じ事ができます。

#include <iostream>

using namespace std;

void keisan(int a, int b, int &p1, int &p2);

void main(void) {
   int tasizan = 0;
   int hikizan = 0;

   keisan(20, 5, tasizan, hikizan);

   cout << "足し算=" << tasizan << '\n';
   cout << "引き算=" << hikizan << '\n';

}

void keisan(int a, int b, int &p1, int &p2) {
   p1 = a + b;
   p2 = a - b;
}


keisan関数で足し算、引き算をして計算結果を返します。

計算結果をtasizanhikizanに格納してもらうようにします。

ポインタを使う場合と比べて非常に簡単な記述が可能になっていますが、

多少、意味的に分かりづらいかも知れません。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved