スポンサードリンク
HOME > Java > クラス機能 コンストラクタ

Java - クラス機能 コンストラクタ

クラスのメンバ関数には、特殊なモノが存在します。

コンストラクタファイナライザです。

ここではコンストラクタについて説明します。(ファイナライザについてはコチラ。)



コンストラクタは、クラスのインスタンスが作られた時に、

自動的に呼ばれる特殊なメンバ関数です。

主にクラスのメンバ変数の初期化に利用されます。

 コンストラクタの名前は、クラス名と同じになります。

クラス名がhitoならば、コンストラクタ名もhitoになります。

引数は複数指定できますが、戻り値は設定できません。(void記述も不要。)

また、コンストラクタは、多重定義(オーバーロード)が可能です。

コンストラクタの多重定義(オーバーロード)についてはコチラ

コンストラクタ利用例

ファイル名:Cmain.java
class Ctest {

   public int data;

   
Ctest() {    // コンストラクタ
      data = 0;
   }

}

public class Cmain {
   public static void main(String[] args) {

      Ctest obj = new Ctest(); 
// ここでコンストラクタが呼ばれる

      System.out.printf("Ctest.data = %d\n", obj.data);

   }
}


この例では、クラスCtestにコンストラクタを記述し、動作確認した例です。

Ctest obj = new Ctest();のように、クラスCtestのインスタンスを作った時に

コンストラクタが呼ばれ、メンバ変数の初期化が行われています。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved