スポンサードリンク
HOME > Java > クラス機能 静的メンバ変数

Java - クラス機能 静的メンバ変数

クラス内の変数や関数にstaticを付ける事ができます。

変数にstaticを付けると静的メンバ変数となります。

関数にstaticを付けると静的メンバ関数となります。

ここでは、静的メンバ変数の説明をしています。静的メンバ関数の説明はコチラです。



静的メンバ変数

クラスの中にstatic付きの変数を宣言すれば、静的メンバ変数となります。

クラス変数staticフィールドと呼ぶ場合もあります。

この静的メンバ変数は、同じクラスの複数のインスタンスがあっても

1つしか存在しない変数です。

複数のインスタンスがある場合、静的メンバ変数は共有されます。

記述例

class Cstaticparam {
   public
static int sdata;
}


クラスのメンバ変数にstaticを付けるだけです。

使用例

ファイル名:Cmain.java
class Cstaticparam {
   public
static int sdata;
}

public class Cmain {
   public static void main(String[] args) {

      Cstaticparam a = new Cstaticparam();
      Cstaticparam b = new Cstaticparam();

      a.sdata = 10;
      b.sdata = 20;
      Cstaticparam.sdata = 30;
   }
}


この例は、クラスCstaticparamの静的メンバ変数:sdataに代入する例です。

3つの代入が行われていますが、全て同じ変数に代入している事になります。

クラスのメンバ変数なのだから、その静的メンバ変数が存在するクラスの

インスタンスを複数つくれば、

別々に複数個の静的メンバ変数が作られて、複数個使える。

と思うかもしれませんが、そうではありませんので注意して下さい。

 アクセス方法は、次の2つです。

  1.インスタンス名.静的メンバ変数名 (例 a.sdata

  2.クラス名.静的メンバ変数名 (例 Cstaticparam.sdata

2のアクセス方法を使えば、クラスのインスタンスを作成しなくても

いきなりアクセスできるのが特徴です。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved