スポンサードリンク
HOME > Java > インターフェースの継承

Java - インターフェースの継承

インターフェースは、通常のクラスに実装(implements)して使いますが、

インターフェース自体を継承(extends)して機能を増やす事もできます。

これは、通常のクラスの継承と同じ意味になります。

インターフェースの継承例

interface A {
   int data1 = 10;
   void show1();
}

interface
extends A {
   int data2 = 50;
   void show2();
}


インターフェースBは、インターフェースAを継承しているので、

インターフェースAのメンバを引き継ぐ事になります。

通常のクラス継承のような感じです。



 通常のクラスは多重継承できませんが、

インターフェースは多重継承可能です。

インターフェースの多重継承例

interface A {
   省略
}

interface B {
   省略
}

interface C
extends A, B {
   省略
}


インターフェースCは、インターフェースAとインターフェースBを継承しています。

インターフェースAとインターフェースBのメンバを引き継ぐ事になります。

通常のクラス継承では、多重継承できないので、注意して下さい。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved