スポンサードリンク
HOME > Java > 入門

Java - 入門

ここでは、Javaがどういうものかを説明していきます。

Java(ジャヴァ、ジャバ)は、1995年頃に米サン マイクロシステムズ社が開発した
プログラミング言語です。

Java script(ジャバスクリプト)とは全く違う言語です。

種類として、標準的な開発環境、
携帯電話やPDAなど向けの開発環境。
サーバー向けの開発環境などがあります。

ホームページ上で動くアプリケーション:JavaApplet(ジャバアプレット)も
このJava言語で作られています。

語源はコーヒーの名前から来ていると言われていますが、真偽は分かりません。

このJavaの特徴は、中間コードコンパイル式の言語である事です。

どういう事かと言うと、

例えばC言語は、プログラムを完全にマシンコードへ変換してから実行します。
インタプリタ式言語は、変換しながら、実行します。
Javaはそのどちらとも少し違います。

コンパイルはしますが、中間コードというものに変換します。
この中間コードをJava VM(バーチャルマシン:仮想マシン)という
ソフトウェアを使って実行します。

一応、コードを変換しながら実行するので、
実行速度はC言語のような完全翻訳型の言語にはかないませんが、
Javaのコードを一旦中間コードへコンパイルしてしまえば、
Java VMを用意するだけで、どんなマシンでも動くとされているので、
大変使い勝手が良く、注目されている言語です。

文法はC言語に似ているので、
C言語習得者は、すぐに身に付きそうです。

また、C言語特有の扱いにくさがなく、
割とスッキリした言語仕様となっていますので、
C言語は難しいと言う方でもJavaは習得しやすくなっています。



スポンサードリンク







HOME

言語解説編
プログラミング用語・知識

C言語

C++言語

Java

C#

Visual Basic.NET

アプリケーション編
C言語による
コンソールプログラミング




Copyright (C) プログラミングランド All Rights Reserved